もう常時表示が当たり前!2019年スマートウオッチVersa2, AppleWatch5の常時画面表示をチェック!

2019年の秋の新デバイスラッシュも発表がひと段落しました。
今年の注目はスマートウオッチの常時画面点灯機能の搭載ではないでしょうか?

今までは、Garminの半透過液晶だけがその機能を実装していましたが、
AMOLEDの供給体制が安定化したからか、Fitbit、Garminも揃ってAMOLED搭載モデルを発表しました。
Fitbit Versa2とApple Watch series 5が発売になったのでチェックしてきました。

電池の持ちもApple Watch series 5は前モデルのseries4と変わらず18時間(実際は約2日)と同等の上に、画面の常時表示を実現しています。
Fitbit Versa2はVersaが4日以上だった電池持ちが、5日以上となり、常時表示機能をオンにしてもほぼ同等の電池のもちのようです。
メーカーは使用可能日数を明確にしてませんが、およそ2日以上(実際は4〜5日)といったところでしょう。









Apple Watch series 5




Apple Watchはseries 5からスマートウオッチの通常表示モードと、省電力の時刻表示モードを切り替えて使用します。
常時画面表示機能をオフにするとさらに省電力できるのでしょうが、省電力の常時時計表示モードを使いながら使用時間を前モデルと同等のバッテリーライフを実現しました。ようやく時計として最低限使用できるモデルになったということで喜ばしいアップデートです。

その他のアップデートは電子コンパスに対応したり、メモリの容量が32GBに拡大したり、新たな素材のボディが追加されたなど軽微な進化にとどまっています。期待された睡眠記録もバッテリーの持ちが18時間(実際:2日)では実用に耐えないと判断したのでしょうか?採用は見送られました。少し前のティムクックさんのヘルスケア機能で重要な役割を果たすと言ってたのは、少なくともseries5のことではないでしょう。
今後の発表に期待です!

もともとAppleWatchは信頼性と驚きの体験に力を入れていて、バッテリーの持ちなどは最重要の機能とは考えていないのでしょう。
驚きの体験といえば、Taptic Engineのリニアアクチュエーターでの触感フィーフドバック機能や、セルラー機能の搭載、心電図測定機能の搭載や驚きの画面表示(AMOLED)や先進の操作方法(3Dタッチやデジタルクラウン)、高速なプロセッサ、ミュージック機能(高容量メモリの搭載)などがあります。
これらの機能が小さな筐体のスペースを埋めていくと、バッテリーの大きさが犠牲になるのは致し方ないことなのでしょう。
Apple ほどのメーカーが本気になれば、もう少し持ちの良いバッテリーや省電力なディスプレイ、先進のヘルスケアセンサ(糖尿病や疾患の早期発見)などを搭載することも企業の体力(資金)的にも技術力的にも可能な気がしますが、ウエアラブルデバイスは実装における評価確認にも時間がかかるでしょうから、もう少し待つしかないのかもしれませんね。

では進化したApple watch series5の画面をチェックしてみましょう。


省電力モードでは、リフレッシュレートが通常の60Hzから1Hzに下げることで1秒に1回の書き換えになります。
さらに画面の明るさを下げ、消費電力を下げているようです。
また、消費電力の小さい制御回路やプロセッサ、環境センサなどの併用によりこの常時表示ディスプレイを実現したとのこと。


AW5-1.JPG AW5-1B.JPG
Apple Watch series5 新画面「メリディアン」(左:通常表示、右:省電力表示)



AW5-2.JPG AW5-2B.JPG
Apple Watch series5 新画面「ソーラーダイアル」(左:通常表示、右:省電力表示)



AW5-3.JPG AW5-3B.JPG
Apple Watch series5 画面「インフォグラフモジュラー」(左:通常表示、右:省電力表示)



AW5-4.JPG AW5-4B.JPG
Apple Watch series5 画面「モジュラーコンパクト」(左:通常表示、右:省電力表示)



ますます、時計としての進化がめざましいですね。
今後もシェアを拡大していくことでしょう。
今後もiPhoneが売れ続けるならば。。。


Apple Watch Series 5(GPSモデル)- 44mm スペースグレイアルミニウムケースとスポーツバンド ブラック - S/M & M/L MWVF2J/A





iPhoneユーザーにとっては魅力的なApple Watchですが、Androidユーザーはその豊富な機能の恩恵を得られる訳ではありません。
そんな時にはIPhoneやAndroid共に使えて同等以上ほヘルスケア機能を備えたデバイスとしてFitbitのVersaシリーズがあります。
Fitbit VersaもVersa2で常時表示ディスプレイを搭載しました。次にこちらについてみていきましょう。






















Fitbit Versa2




FitbitはIonicでスマートウオッチに参入しました。価格もApple watchよりも安く、さらにデザインも良好なVersaシリーズを展開し、低価格と機能の豊富さから新たなファンが増えているようです。
FitbitもIonicよりもVersaに力を入れているのか、IonicよりもVersaシリーズに新機種を多く投入しています。
何しろ、ライフログを気軽にとれ、生活の中に自然にあるスマートウオッチとして人気になっています。歩数の記録としてはパイオニア的な位置付けで、早くから睡眠記録機能も搭載、スマホアプリの優秀や、バッテリの持ちの良さから一度Fitbitを使い始めると記録を見るのが楽しくなり欠かせないデバイスになると評判です。

わたちもその一人ですが、Fitbitの人気のスマートウオッチVersaが常時表示ディスプレイを搭載しVersa2としてデビューしました。
同時にスマートアシスタントのAlexaも搭載、AMOLEDの搭載ならびにデザインの刷新により堂々のバージョンアップを果たしました。


電池の持ちもFtibti Versa2は常時表示機能をオンにしても実質4から5日は持つようです。


早速発売されたので、デザインと常時表示ディスプレイをチェックしてきました。
まずはデザインからみていきましょう。



Versa2-R1JPG.JPG
Fitbit Versa2正面から




Versa2-R2.JPG
Fitbit Versa2背面から




Versa2-R3.JPG
Fitbit Versa2正面(画面消灯)




Versa2-R4.JPG
Fitbit Versa2、スマートアシスタントAlexa機能



Versa2-R5.JPG
Fitbit Versa2、歩数計測機能1



Versa2-R6.JPG
Fitbit Versa2、歩数計測機能2


何と言ってもVersaの良いところは選べるウオッチフェイスが多いことです。
歩数やカロリー階段を上った階数や睡眠時間などをスマートウオッチから確認することができるので、
Apple watchよりも持っていたいと思う思いが強い気がします。
電池の持ちがアップし常時表示ディスプレイを備えて、期待の新製品です。



Fitbit Versa 2 Alexa搭載 スマートウォッチ Black/Carbon L/S サイズ FB507BKBK-FRCJK ブラック カーボン





下記にVersaの機能をまとめた記事がありますのでこちらも参考ください。


Fitbit Versaの操作方法を学ぼう!3つのボタンとタッチパネルで自在に操作する!

スポンサーズリンク





この記事へのコメント