Fitbit, Garmin, Apple watch他, 使い方別のオススメ製品、こんな目的にはこれが最適!

スマートウオッチもApple watchの出現により一般的になってきました。
そこで、こんな風に使いた人にはこの機種がお勧めなど、
使い方別のメーカーのお勧めを整理してみたいと思います。

スマートウオッチといっても、
活動ログを取るだけのものから、スポーツに特化したもの、
スマホとのリンクだけでなく、単独で通信を積極的に行うものなど様々なモデルがあります。
そこでメーカーごとの特徴を知ることで、モデル選定がしやすくなると思います。

Apple Watch



まずは、Apple Watchです。
スマートウオッチの普及の原動力となった製品です。
これは、単独で通信もできるLTE搭載モデルもあるなど、通信やスマホとの連携を重視した製品です。
デザインもAppleの洗練したデザインで、持っていて一番先進的と感じる製品です。

音楽を聴いたり、チャットをしたり、ニュースを読んだりと、スマホの機能を手元に持ってきたような感じのことができる製品で専用のアプリなども多く存在しており、一番遊べるスマートウオッチといっても過言ではないと思います。
画面もOLEDを採用し明るく、見やすい画面です。
もちろん、脈拍計も備えていて、ライフログやアクティビティログなどを取ることができます。

一方で、常にGPSや画面を使用していたりすると、電池の消耗が激しく、時計としては致命的な、バッテリーの持ちとなっています。
一日もしくは2日に1回は充電しないと単なる高価なブレスレットになってしまいます。

なので、スマートフォンをてばなせなく、常にオンラインにつながっていたいとか、一つの機種でいろんなことがしたい人、Appleの洗練したデザインやiPhoneとの強力な連携機能が必須な人、寝るときには睡眠ログを取るつもりはなく、毎日充電することが苦にならない(かつ忘れない)人にはApple Watchをお勧めします。





Garmin GPS watch



次に、GarminのGPSウオッチです。
スポーツやアウトドアに特化して、根強いファンを持っているメーカーです。
ランニングや、アウトドアに特に強く、ライフログ用の製品も含めて、かなりの数のラインナップがあります。
電池のもちも良好ですので、週に1回か2回の充電ですみます。

一方、アプリはほとんど追加できません。
一部ウオッチフェイスなどを変更できる機種もありますが、基本は、時計+ライフログ、アクティビティログを重視したい場合にはGarminをお勧めします。アプリもいろいろなアクティビティなどを参照できるようにするため、直感的ではなく、若干複雑で初心者には難しいと感じるかもしれません。しかし、使いこなせれば、プロフェッショナルなスポーツにも対応できるのではないかと思うくらい豊富な設定や、情報を確認することができます。

価格帯も数万円から十数万円の幅を持ち、主とするアクティビティ(スポーツ)に合わせて選ぶことができます。
ゴルフ機能も充実していて、ゴルフウオッチの代わりにGarminを選択するとゴルフだけでなく普段のライフログにも使えるオールマイティな
アクティビティログが得られるスマートウオッチです。上位機種はGPSを搭載しており、通常、GPSを使うと極端に電池の消耗が激しくなりがちですが、この辺もしっかりと対策されており、数日は充電なしで使用することができます。

ライフログ用のvivoシリーズ、
ランナー向けのForeAthleteシリーズ
ゴルファー向けのApproachシリーズ
登山や本格的なアクティブ向けのfenix 5 Plusシリーズなどがあります。



















Fitbit



次は、Fitbitです。
初期のウエアラブルウオッチを支えたメーカーで、一番長くから多くの製品が使われており、この分野では一番ノウハウを持っていると考えられます。
そのため、アプリの使いやすさ、電池のもち、画面の見易さや操作のしやすさやなど不満が少ない機種が多いです。

電池のもちも最低でも4日などに設定されており、充電も週に1回か2回、機種によっては2週に1回のロングライフの製品もあります。
画面は、基本的にはOLEDを採用しているため、周囲が明るい場合などにみえにくいと感じる場合もあるかもしれません。
デザインは機能的で、ボタンなども最小限になっており、どんな人にも使えるデザイン、操作性になっています。

アプリが使用できる機種もあり、iONICVersaなど音楽を聴いたり、ニュースを見たりなどにも使用できます。スマホとの連携は、iPhoneにもAndroidにも対応しており、スマート機能を使いたい人には、Fitbitがお勧めです。また、光学式の心拍数センサが非常に優秀で、睡眠ログやアクティビティログなど腕につけているだけでいろんなことが記録できます。血中酸素濃度(SpO2)も記録できるようになるとアナウンスされています(iONIC及びVersa)。

GPSを内蔵した機種は多くなく、ゴルフやランニングや山登りの記録を取るには役不足感が否めません。GPS機能が要らない場合には、AltaHRCharge2などスリムで高機能なライフロガーが手元に装着できます。

一方、バンドが耐久性が十分でなく、すぐに切れます。そのため、スペアのバンドを使う必要がありますが、幸いに、サードパーティのメーカーが安価な変えバンドを豊富に販売しています。よってバンドがキレても問題なく交換することができます。
切れる前にスペアのバンドをいくつか購入しておくことをお勧めします。











その他



wear OS by googleのOSを搭載した製品などその他のスマートウオッチです。

SamsungCASIOタグホイヤーなどがたくさんのメーカーから発売されています。
Galaxy gearのOSはTizen OSを搭載しているようです
Androidのスマートフォンを持っている方にはお勧めです。
特にCasioのProtrekスマートなどは、電池の持ちとスマート機能を両立しており、
wear OS搭載機種が欲しい人にはお勧めの製品です。

SamsungのGalaxy Gear(watch)も最近になってデザインが時計っぽくなったので、
ビジネスの場でも使えるとおもわれますので、Samsungのスマートウオッチを持っている方などにもお勧めです。


そのほかには、NokiaHuawei, Xiaomi(小米)などがあります。
日本でも量販店で販売されている機種がありますね。
XiaomiHuaweiは価格が安めで安価に入手したい人にはお勧めです。
また、Nokiaはデザインは秀悦で普通の時計と変わらず、smart機能がついたSteelSteel HRなどがあり、アナログ時計は使いたいけど、ライフログも取りたいという人にはお勧めです。









まとめ




最後にオススメのポイントをまとめてみます。

Apple watch: iPhoneと連携したい、スマホのようになんでもしたい人

Garmin: ランニングやゴルフなどスポーツで使いたい、スマート機能は不要な人

Fitbit: 歩数や睡眠ログなどのライフログ取得が目的で、音楽やアプリなども欲しい人

その他: 好きなブランドやメーカーが出している製品を使いたい人



簡単ですが、こんな感じでまとめてみました。
皆さんもこれを機会に試して見てはいかがでしょうか?

各製品のリンクを貼っておきましたので、
気になった方は確認してみてくださいね。

スポンサーズリンク



この記事へのコメント